お問い合わせ
事 業 所 案 内

イベント ・ 行事

4月27日 降誕会

 

春の日差しが穏やかなこの日、共生苑では降誕会の法要を行いました。
降誕会とは、お釈迦様のお誕生をお祝いするもので「花まつり」としても知られます。
共生苑では、この降誕会を含め年に4回の宗教行事がおゆみホールで行われますが、降誕会のときはホールの中央に、美しい花々に囲まれた「花御堂」があり、来場される利用者様たちの 目を楽しませてくれます。この花々は、デイサービスの利用者の皆様が綺麗に飾り付けてくださいました。
朝倉俊幸上人には、お釈迦様誕生の伝説につきまして法話いただきました。
参加された利用者様方は、お部屋に戻られる前に、お一人ずつ花御堂の中におられるお釈迦様に甘茶をかけていただきました。手に柄杓を持ち「これで、こうかければいいの??」 と、はじめは戸惑われる方もおられましたが、なかなか普段できない体験をしていただくことができました。

4月26日 こいのぼりを見に行きました。

 

もうすぐ端午の節句。この日は、市原市を流れる村田川というところへこいのぼり見学へ行きました。
今では、家庭で庭に大きなこいのぼりを立てることは珍しくなってきましたが、ここ村田川では大きなこいのぼりが数十匹泳いでおり、迫力があります。 川沿いの遊歩道も整備されており、車いすの方でも安心して散策いただけます。
川面を凪ぐ穏やかな風に揺られ、気持ちよさそうに泳ぐこいのぼり達。見学された利用者様の皆様も「まあ、気持ち良さそうね」と、楽しんでおられました。

晩春の共生苑

  

初夏を思わせるような陽気が続き、共生苑の庭にも新緑が増えてきました。
4階月影堂の庭では、つつじが「ぎっしりと」咲いています。遠くからでもはっきりと分かる躑躅色が青空に美しく映えています。
写真の竹は、玄関正面から見える中庭にあります。この中庭を4階の吹き抜け部分から見下ろした風景です。 緑が萌える様子は涼し気です。また、4月の初旬にはまだ竹の子だったものがあっという間に立派な「竹」に成長姿も見られます。 来年には青々とした葉を茂らせ、我々を楽しませてくれることでしょう。
なお、玄関ホールには鎧兜を飾っております。なかなか家庭ではお目にかかれない立派なもので、凛々しく鎮座しております。
いずれもこの時期ならではの共生苑の様子です。お越しの際に、ぜひご覧になってください。

ページのトップへ戻る