お問い合わせ
事 業 所 案 内

イベント ・ 行事

平成30年1月11日 ニューイヤーコンサート

 
この日、おゆみホールでは、淑徳大学看護学部のみなさんによる「ニューイヤーコンサート」が開かれました。きりっとしたナースウェアに身を包んだ学生の方々が、 合唱やミュージックベルなどで楽しませてくれました。
冬にまつわる童謡や「小さな世界」などのほかにポップスで知られる歌など、幅広いジャンルから披露してくださいました。参加された利用者様たちは、美しい歌声に 聴き入っておられました。中には、自然と体がリズムに合わせて動く方もおられました。
さらに嬉しいプレゼントが。学生の皆さんの、心のこもった手作り絵馬です。利用者様たちに一枚一枚、手渡しで配ってくださいました。思いもよらぬ素敵な贈り物に、 利用者様たちはとても感激されていました。
淑徳大学看護学部のみなさん、ありがとうございました。
【この日披露された曲目】
・365日の紙飛行機
・A Whole New World
・負けないで
・島唄
・アンパンマンマーチ
・上を向いて歩こう
・小さな世界
・冬の童謡メドレー

新年 あけましておめでとうございます。

 
あけましておめでとうございます。
本年も淑徳共生苑をどうぞよろしくお願いいたします。
元日は、共生苑内に設けられた「淑徳おゆみ神社」に初詣。
「今年もよい年になりますように」「健康でいられますように」・・・さまざまな想いで手を合わせられておりました。
また、1月11日にはお正月遊びとして、「ふくわらい」にチャレンジしていただきました。よくよく顔の輪郭を目に焼き付けます。いざアイマスクをかけ、目・鼻・口 それぞれを「ここだ!」と思うところに置いていきます。「よし、うまくいったぞ・・・」とアイマスクを取ると・・・あれ?次々に生み出されるオリジナリティー溢れる 力作に会場からは拍手や笑い声が起こりました。利用者様たちには賑やかで楽しいお正月を感じていただけたかと思います。

平成29年12月26日 餅つき大会を開催しました。

 
クリスマスが終わると、あっという間に暮れの準備。
この日、共生苑では毎年恒例のお餅つきを行いました。ホカホカ炊き立てのもち米を「よいしょー!!」の掛け声とともについていきます。
利用者様にも、臼と杵を使ってついて頂くのですが「私もお餅をつきたい」という方がたくさんおられ、大変な盛況でした。冬将軍の到来で外は身に堪える寒さですが、会場(おゆみホール) は熱気に包まれておりました。
この日ご来苑頂いたご家族様、ボランティアの方々には、きなこ・あんこ・辛味の味付けでお餅を召し上がっていただきました。
利用者様は「福もち」でお汁粉です。「福もち」は噛み切りやすく、粘りやべたつきがないため安全に美味しく召し上がっていただくことができます。たくさんのお汁粉を用意しましたが、 おかわり・おかわり・・・・で、あっという間に完食でした。
このお餅つきは、ボランティアの方々のお力添えを頂き、利用者様方が美味しく楽しく過ごしていただくことができました。ボランティアの皆様、ありがとうございました。
今年も残りわずかではありますが、一年間、淑徳共生苑に様々なご理解・ご協力をいただきありがとうございました。まだまだ寒い日が続きますが、どうぞお身体に気を付けて、よいお年をお迎えください。

ページのトップへ戻る