お問い合わせ
採用情報を更新しました。ご興味のある方はページ下「職員募集」より是非ご覧ください。
事 業 所 案 内

イベント ・ 行事

寄付のご報告

 

当苑にご入居されていました 故小林サダ子様ご遺族様より、車いす14台をご寄付いただきました。大切に使わせていただきたいと思います。 ありがとうございました。

2月1日 2月21日 お茶会・梅のお花見

  

寒さが緩み始め、過ごしやすい日が増えてきました。穏やかなこの日の午後、喫茶サイホォンでは「お茶会」が開かれました。
十数名の入居者様が円卓を囲み、コーヒーやココアなどお好きな飲み物を注文し、ゆっくりと楽しまれました。大きな窓に囲まれた空間は開放的で、おしゃべりも自然と弾みます。 また、皆さんで一緒に春の歌もたくさん歌いました。
共生苑の入り口近くには梅に木が数本植えてあり、特に枝垂れ梅は見ごろを迎えています。この日は外も風がなく、ポカポカ陽気だたっため、 お茶会の後に少しだけ外に出て梅の花を観賞しました。
「きれいに咲いているね。お花って本当にいいわよね。」とお一人が話すと、もうお一人は
「外の空気がおいし~い!」
春の訪れを体いっぱいで感じていただき、心から楽しそうに、嬉しそうにお話しされていました。
心浮き立つ季節はもう目の前ですね。

2月1日 涅槃会

  

2月15日はお釈迦様が入滅された(亡くなられた)日です。この日にお釈迦様の遺徳を偲び、報恩感謝の祈りをささげるのが涅槃会(「ねはんえ」と 読みます)といいます。共生苑では、少し早めの2月1日に行いました。
寒い日でしたが、入居者の皆様が多数出席して下さいました。皆様でお勤めをした後、長谷川理事長によるお話、菅野義浩上人による法話がありました。
「本日は【平成最後の】涅槃会ですね」と切り出された菅野上人。【平成最後】にちなみ、30年前にあった出来事(当時の世相やニュースなど)、 30年で変化したもの(携帯電話や働き方)など、例を挙げて平成という時代を振り返りました。なるほどこんなことがあったなあ、というなつかしさ、 30年間変わらないようでずいぶん変わったことがあったのだな、という驚きなど、改めて考えさせられるお話でした。
4月には降誕会(こうたんえ)が行われます。花いっぱいのお堂がホールに飾られます。楽しみにしていてください。

ページのトップへ戻る