お問い合わせ
事 業 所 案 内

イベント ・ 行事

平成30年2月2日 涅槃会

 
今冬二度目の雪が舞う中、涅槃会の法要がおゆみホールにて執り行われました。
涅槃会とは、お釈迦様が入滅したとされる2月15日に、遺徳を追慕し報恩社徳の意を表す仏会です。共生苑では少し早めに行いました。
厳かな奏楽とともに導師の先生方が入場。勤行を行いました。
理事長からは、涅槃会の由来についてわかりやすくご講話いただきました。
畠山先生からは、ご自身のお辛い経験をお話しされたうえで、「我々は【生かされているのだ】」という力強いメッセージを込めたお話を頂きました。 この世に生を授けていただけたこと、日々の暮らしの中で嬉しいことも悲しいことも経験させていただいていること・・・感謝の気持ちを忘れずにしていきたいです。
この日は、悪天候にもかかわらずボランティアの方々においでいただき、利用者様の誘導や見守りをしていただきました。ありがとうございました。

平成30年1月23日 雪化粧

 
前日の夕方から降り続いた雪で、共生苑の周りは銀世界となりました。
写真は、デイサービスの前にある東屋と4階の月影堂にある庭です。
雪が降った翌日は快晴。陽に照らされた雪がキラキラと光り、絵のようです。
しかし、この景色も雪が解けてしまえばもうおしまい。なんとも儚いのですが、あともう少しだけこの景色を楽しめそうです。
今週は、寒波の影響でさらに寒い日が続くようです。皆様、体調には十分お気を付けくださいね。

平成30年1月11日 ニューイヤーコンサート

 
この日、おゆみホールでは、淑徳大学看護学部のみなさんによる「ニューイヤーコンサート」が開かれました。きりっとしたナースウェアに身を包んだ学生の方々が、 合唱やミュージックベルなどで楽しませてくれました。
冬にまつわる童謡や「小さな世界」などのほかにポップスで知られる歌など、幅広いジャンルから披露してくださいました。参加された利用者様たちは、美しい歌声に 聴き入っておられました。中には、自然と体がリズムに合わせて動く方もおられました。
さらに嬉しいプレゼントが。学生の皆さんの、心のこもった手作り絵馬です。利用者様たちに一枚一枚、手渡しで配ってくださいました。思いもよらぬ素敵な贈り物に、 利用者様たちはとても感激されていました。
淑徳大学看護学部のみなさん、ありがとうございました。
【この日披露された曲目】
・365日の紙飛行機
・A Whole New World
・負けないで
・島唄
・アンパンマンマーチ
・上を向いて歩こう
・小さな世界
・冬の童謡メドレー

ページのトップへ戻る