お問い合わせ
リクナビにて2020年新卒者向けエントリー募集中!
事 業 所 案 内

イベント ・ 行事

7月5日 盂蘭盆会

 

盂蘭盆会は、一般には「お盆」と言われ、毎年7月13日から15日まで(地域によっては8月のところもあります)祖先の御霊をまつり、 その冥福を祈る行事です。共生苑でも毎年この時期になると、おゆみホールで法要を行います。
今回の法話は伊藤秀成上人でした。お盆は毎年の恒例行事であるとともに先に亡くなった人に会える、私たちのところに帰ってきてくれる かけがえのない時間である、というお話をいただきました。皆、伊藤上人のお話に引き込まれるように聞いてらっしゃいました。
アトラクションでは、ボランティアの方々においでいただき、銭太鼓をご披露いただきました。「千葉の親子三大祭り」や「きよしのズンドコ節」 など、元気の出る曲に合わせ、ボランティアの方が用意してくださった銭太鼓用の撥でリズムよく体を動かしました。
最後は輪になって大きな声で歌いながら銭太鼓をし、参加された利用者様方も大変楽しそうにしていらっしゃいました。
誘導・アトラクションをして下さったボランティアの皆様、法要においでいただきました上人の皆様、ありがとうございました。

七夕

 

7月7日 七夕の日が近づいてきました。
共生苑の玄関と各ユニットには、大きな竹を用意しました。
飾り付けをするにあたり、利用者様方にはお願い事を短冊に書いていただきました。
「いつも元気で」「元気で長生き」などなど・・・
飾り付けは、職員と利用者様と一緒に行いました。
あっちにはこのぼんぼりを吊るそうよ、もっと高いところにも飾り付けをしよう、など皆でワイワイ盛り上がりました。
七夕飾りは7月7日の週まで飾ってあります。玄関の七夕飾りには、お越しいただいた皆様がお願い事を書けるよう、短冊とペンも用意してあります。 共生苑にお越しの際は、ぜひお立ち寄りください。

4月17日 降誕会

 

お釈迦様の誕生をお祝いする「降誕会」が行われました。本来は4月8日ですが、共生苑は少し後の17日に行いました。
会場となるおゆみホールの中央には、色とりどりの生花で彩られた花御堂が。
場内に入場された入居者の方々も、思わず見とれているようでした。
厳かな雰囲気で法要は始まり、入居者の皆様も大きな声で勤行を行いました。
伊藤妙真先生の高らかで伸びやかな御詠歌には春の息吹のようなものを感じました。
今回の法話は、朝倉俊幸上人。降誕会はまたの名を「花まつり」とも言いますが、「花」にまつわる詩歌を紹介され、花の美しさと儚さそして 「いのち」についてお話をしていただきました。ご自身の介護の経験も踏まえ「老いも尊い人生の教えである」というお話でした。
入居者様には、法要が終わり居室に戻る前に「甘茶かけ」をしていただきました。
今年の降誕会は、初めて参加される方が多くいらっしゃいました。初めての甘茶かけに初めは戸惑われる様子もありましたが、皆さん楽しんでいただけました。

ページのトップへ戻る